お花のサブスク

“暮らしのなかに花を” お花の選び方・おしゃれに飾るコツ、長持ちさせる方法は?

お花のサブスク

はじめよう 花のある暮らし

花を眺めているだけで、気持ちが和らいだり癒される瞬間があります。
色や形だけではなく、花の香りに気持ちが切り替わることもあるかもしれません。
日々の暮らしにちょっとした変化や癒しが欲しいとき、暮らしの中にお花を取り入れてみませんか。

お花のある生活、どうやって始めたらいいの?

定位置を決めることがポイント
過ごす時間の長い部屋のどこに行っても目に入る場所にひとつコーナーを設けましょう。
料理をしたり、お皿を洗っている最中や、だらっとできるソファがあるくつろぎのスペース、
リモートワーク中の方は仕事部屋などがいいですね。

定位置を決めることで、そこに花がないことや、枯れていたりすると、その場所がなんとなく寂しく感じます。
できるだけフレッシュなお花を飾りたいですね。定期的にお花を飾る習慣がそこでついてくるはずです。

どんな花を買えばいいの?

花の種類を1種類にして長さを切り分けてみたり、
違う種類の花でも、基本のカラーを決めて濃い色・薄い色で組み合わせてみるのもgood。
空間にまとまりおしゃれな印象になります。

お花の飾り方

背の高い花瓶は一輪差しでもバランスよく飾ることができます。
また、開口部が広い物は洗うのが億劫になりません。

花瓶がなくても、空き瓶、ガラスのコップなど自由に活けてみましょう。
慣れてきたら花瓶との相性で楽しみましょう。

お花がすぐに枯れてしまう” 長持ちさせるお花のお手入れ方法は?

お花を長く楽しむためのポイント

切り花は雑菌に弱いので、清潔なお水を保ち雑菌の繁殖を防ぎましょう。

花瓶や花器をしっかり洗う

生ける前に、花瓶や器をしっかり洗い流しましょう。
生け水に雑菌が繁殖すると、茎の中の水を吸い上げる管が詰まってしまい、元気がなくなってしまいます。花瓶の内側を重点的に洗い清潔な環境を保ちましょう。

余分な葉っぱを取り除く・茎を切る

水に浸っている部分は腐食しやすくなります。
水に浸かる部分の下葉を取り除き、花の茎は切れ味の良いハサミで斜めに切りましょう。
茎を切るときは、茎を水につけた状態でハサミを入れると、切り口が空気に触れず、水に触れる面積が大きくなり、水が上がりやすくなります。

花を飾るのに避けたい場所

陽に当たりすぎると花が傷んでしまう原因に痛む原因になります。とくに夏の窓際は温度が高くなります。また、空調の真下に置くと、乾燥してしまったり、水分のでお花が弱ってしまいます。
お花に優しい環境に置くことも長持ちのポイントです。

フレッシュなお花で花のある暮らしを楽しむ

ちょっとした心遣いでお花を長く楽しめることができます。
常に新鮮な水を保ってあげることが大切。これらのポイントを意識して、朝起きたときや夜寝る前など、1日のルーティンの中で水替えをするタイミングを決めておくと良いですね。

お花のサブスク・定期便を利用してみる

最近では、季節の新鮮なお花が自宅のポストに届くなど、手軽にお花のある暮らし始められるお花のサブスクが増えています。幅広いコースやお得なクーポンがあるので、あなたの目的にぴったりのサービスを取り入れてみるのもおすすめです。

今の時期にしかない花もたくさんあります。
花生活を一緒に楽しみましょう。

お花の定期便 bloomee(ブルーミー)

【Bloomee ブルーミー】

手軽に始められるお花のある暮らしはコチラ

少しでも興味を持っている方は、体験プランから試してみるのがおすすめです!

期間限定 初回お届け無料キャンペーン中に申し込みをすると、
初回の商品代金と送料が無料になってお得です。

タイトルとURLをコピーしました