お花のサブスク

『ロスフラワー』はどこで買えるの?購入できるおすすめのお花のサブスク・定期便3選

『ロスフラワー』はどこで買えるの?購入できるおすすめのお花のサブスク・定期便まとめ お花のサブスク

話題のロスフラワー。お花のサブスク・定期便で購入できる?

この記事では、実際に利用しているロスフラワーを扱うお花のサブスク定期便をご紹介します。

ロスフラワーは通常のお花より安く手に入るのでお花のある暮らしを続けやすいのがメリット。

「お花を飾るならロスフラワーが欲しい」「定期便で継続して支援したい」と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

ロスフラワーはどこで買える? お花のサブスク・定期便3選!

フラワーロスを支援できるお花の定期便(サブスク)3選をご紹介します。
実際に届くお花が気になる方は体験レビューも別記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

サービス名 medeluロゴmedelu(メデル) 【Bloomee ブルーミー】
bloomee(ブルーミー)

LIFFT(リフト)
プラン名/料金   Miniプラン  
698円
・体験プラン
825円
・レギュラープラン
1,265円
・ライトプラン
1,480円
・レギュラープラン
3,300円
Webサイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※2022年11月2日調査時点の情報
※価格は全て税込

medelu メデル

medelu(メデル)Miniプランに使用されているロスフラワーは、「茎がちょっと曲がっている・短い」「花の輪の大きさが小さい」お花。

小さなブーケにしたときに問題がなくきれいに飾れる、品質や見栄えがしっかりできているお花を生産者から直接仕入れています。

価格はお花のサブスクの中では最安値送料無料の698円

規格外のお花の利用と直接仕入れでコストを削減したことで、低価格なのに鮮度のよいお花が届けられるんですね。

プラン ANYROOMコース/miniプラン
価格 698円(送料無料)
ボリューム 3〜4本
受取方法 ポスト投函
\新鮮でリーズナブル!送料無料698円/
medelu公式サイト

※2022年11月2日調査時点の情報
※価格は全て税込

medelu(メデル)のMiniプランはどんなお花が届く?

実際に利用した様子をご紹介!

https://www.medelu.flowers/

bloomee ブルーミー

出典:bloomee公式サイト

bloomee(ブルーミー)はテレビCMでもおなじみの定期便。

茎の長さが足りない、曲がっているなどブルーミー独自のサスティナブルな流通規格「ブルーミー規格」を持ち、十分なサイズと品質があれば適正な価格で継続的に買い取りをしています。

体験プランは550円(送料275円)、レギュラープランは880円(送料385円)。

プラン 体験プラン レギュラープラン
価格 550円
(+送料275円)
880円
(+送料385円)
ボリューム 3本以上 4本以上
受取方法 ポスト投函 ポスト投函
\ クーポン利用で初回無料 /
bloomee公式サイト
\ お得情報 /

クーポン利用で無料ではじめられるキャンペーン定期的におこなわれています
>>bloomee(ブルーミー) 公式サイト
>>クーポン取得方法と申し込み手順をこちらの記事からみてみる

※2022年11月2日調査時点の情報
※価格は全て税込

bloomee(ブルーミー)はどんなお花が届く?

実際に利用した様子をご紹介!

LIFFT リフト

LIFFT(リフト)はお花の流通経路を見直した定期便サービス。

ライトプランは1,480円、スタンダードプランは3,300円どちらも送料無料です。

オンラインで注文を受けた分だけ仕入れ「店舗でのフラワーロス」と「生産者のもとでのフラワーロス」を削減することで価格をおさえた新鮮なお花が届きます。

プラン ライトプラン スタンダードプラン
価格 1,480円(送料無料) 3,300円(送料無料)
ボリューム 5本以上 9本前後
受取方法 宅配便(手渡し) 宅配便(手渡し)
\ おしゃれで選ぶならLIFFT /

※2022年11月2日調査時点の情報
※価格は全て税込

センスのいいおしゃれなお花が届くLIFFT

お花に関するジャーナルといっしょにゆたかな時間が過ごせます

https://lifft.jp/pages/flowersubscription

ロスフラワーのサブスク・定期便で使われているのはどんなお花?

この記事でご紹介したロスフラワーのサブスク(定期便)で使われているお花は、花屋の売れ残りやイベントで使われたお花ではありません。

規格外のお花

品質や見た目が良くても規格外とされてしまったお花が利用されています。

  • 茎の太さや長さがまばら
  • 花の大きさ(輪)が基準に満たない

規格外とはいえ自宅で楽しむには問題なく新鮮できれいなお花です。

生産者のもとで育てられたお花は、厳しい基準に合格してはじめて市場に並びます。「規格外」になってしまったお花のほとんどは廃棄するしかありませんでした。

ロスを減らす取り組み

オーダーを受けた必要な分だけ採花することで廃棄ロスをおさえたり、流通経路をシンプルにすることでお花に受けるストレスを減らし新鮮で品質の良い状態を届けるなど、ロスを削減する取り組みをおこなっているお花が送られています。

ロスフラワーの活用法

ロスフラワーとは、下記のように通常では花市場の流通にのらない花のことを言います。

  • 生産ロス
    ・品質や見た目がよくても基準に満たず規格外とされる花
    ・需要より多く生産されてしまった花
  • 流通ロス
    ・競り落とされなかった花
    ・長距離輸送で鮮度が落ちてしまった花
  • 小売・店頭ロス
    ・お花屋さんが仕入れて売れ残ってしまった花
    ・冠婚葬祭やイベントがキャンセルになり行き場を失った花
    ・イベントの装飾花

ロスレスブーケはロスレスフラワー、チャンスフラワーとも呼ばれ花の廃棄を少しでも減らそうとお花の価値に見合った価格で販売する店舗も増えています。

需要より多く生産されてしまったロスフラワーはお客さんの手にわたるまでの距離が近い、店舗での販売で取り扱われたり、イベントの装飾花はドライフラワーにアップサイクルされて活用されています。

ロスフラワーを購入できるお花の定期便(サブスク)まとめ

ロスフラワーを購入できるお花の定期便(サブスク)をご紹介しました。

定期便は事前に必要な分が把握しやすいので売れ残りのロスも防いでいます。

新鮮なお花を通常よりリーズナブルで購入でき、お花の廃棄をサポートできるお花の定期便はお花初心者にもおすすめのサービス。

どんなお花を選んでいいかわからない方や、忙しくて花を買う時間がない方もこの機会にロスフラワーの定期便を暮らしに取り入れてみてくださいね。

関連記事

ロスフラワーを購入するには、花の定期便(サブスク)、通販サイト、店舗を利用する方法があります。

タイトルとURLをコピーしました