お花

3月8日はミモザの日 – リースやスワッグを飾って春の訪れを感じよう

3月8日はミモザの日 – リースやスワッグを飾って春の訪れを感じよう お花

ミモザとは

春の訪れを告げるミモザ
  • ミモザは、ヨーロッパでは暖かな春が来たことを告げる幸せの象徴とされ親しまれています。正式にはシルバー・ワトルと呼ばれ、日本ではフサアカシアという名称が付いています。
    春の訪れを感じさせてくれる明るい黄色のお花と甘く軽やかな優しい香りのお花です。

ミモザの日とは

3月8日はミモザの日
  • 「国際女性デー」として有名な3月8日は、イタリアでは男性が日ごろの感謝を込めて身近な女性にミモザの花を贈る習慣があり「ミモザの日」とも呼ばれています。
    ミモザを贈られた女性たちは、この日ばかりは家事や育児から解放されて、外出や外食など羽を伸ばし楽しむのだそうです。

ミモザの花言葉

ミモザの日が親しまれているイタリアではミモザの花言葉は「感謝」。感謝を伝えるための花であるところからつけられました。また「友情・優雅・感受性・思いやり」などたくさんの花言葉を持っています。また、オレンジ色のミモザは「エレガント」、黄色は「秘密の恋」とも言われています。

ミモザのおしゃれな飾り方

生花のままでもリース・スワッグにしても可愛らしいミモザ。明るい黄色は眺めているだけで元気をもらえます。
お部屋にミモザを飾って春のインテリアを楽しみましょう。

ミモザを花瓶に活ける

鮮やかな黄色いミモザの花をお部屋に飾るだけで、春らしい雰囲気になります。
大きいひと枝で飾ったり、たっぷり束ねたり、小さくカットしてブーケ状にしたりなど、たくさんの表情を楽しむことができます。

ミモザのスワッグ

シンプルに束ねただけでも、お部屋がおしゃれで華やかな雰囲気に。

ミモザのリース

壁に飾るだけで一気に春らしい雰囲気になります。良く目にする場所に飾れば、眺めるたびに小さな黄色い花に癒されるでしょう。

ミモザドライフラワーのつくり方

ドライフラワーは新鮮なうちに乾燥させることで、色や形をより美しく仕上げることができます。

日光が直接当たらず、風通しの良い場所に吊るしておけば、1~2週間程度で自然とドライフラワーに仕上がります。

ドライフラワーにしてからアレンジすると、小さなお花がこぼれやすいので、しばらく生花で楽しんたあとよりも、できるだけミモザのお花が新鮮なうちにアレンジすることがおすすめです。

春を呼び込む – ミモザが買える通販・オンラインサイト

ミモザの黄色い花は色鮮やかで退色しづらいため、ドライフラワーにしても明るいきれいな色合いを長く楽しむことができます。リースやスワッグ、ドライフラワーなどインテリアのアクセントに人気のお花です。

青山フラワーマーケット

出典:青山フラワーマーケット

日野洋蘭園のミモザアカシア
5本

2,420円 (税込)

HitoHana

出典:HitoHana

生花リース ミモザ L
13,200円 (税込)

出典:HitoHana

ミモザ 花束 イエロー M ナチュラルブーケ
8,250円 (税込)

出典:HitoHana

生花スワッグ ミモザ S
5,500円 (税込)

土と風の植物園

出典:土と風の植物園

ミモザ・カスミソウ・ラムズイヤー<たからもの>
7,300円 (税込)

出典:土と風の植物園

ミモザ・エリンジューム・ティナスベリー<Que Será, Será>
6,800円 (税込)

出典:土と風の植物園

[手作りスワッグキット]
ミモザ・ユーカリ<カナリア>
5,133円(税込
)

まとめ

ミモザは、房状の花を咲かせる明るい黄色が特徴的なお花です。手に入る時期が限られており、シンプルに束ねて飾るだけでもとてもおしゃれで人気があるお花です。

大切なひとへ一足早い春をプレゼントしてみたり、自宅に飾って春の訪れを感じてみるのもおすすめです。

花屋さんに行き慣れていない方や、開いてる時間になかなかお店に立ち寄れない方、おすすめのお花の通販サイトを知りたい方は『お花のプレゼントの買い方・選び方とおすすめのオンライショップ5選』も参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました