その他のお花のサブスク

ドウダンツツジや季節の枝ものはどこで買えるの?おすすめの購入方法や長持ちさせるコツ

人気の枝ものドウダンツツジはどこで買える?インテリアにおすすめの飾り方や長持ちさせる方法 その他のお花のサブスク

人気のドウダンツツジをはじめ、季節の枝ものがインテリアとして注目を集めていますね。

この記事では、ドウダンツツジや季節の枝ものがどこで購入できるか、買ったあとに長持ちさせる方法などもご紹介します。

ドウダンツツジや季節の枝ものはどこで買える?

ドウダンツツジや季節の枝ものを販売しているのは下記のようなものがあります。

  • 店舗(花屋やホームセンターなど)
  • 通販サイト
  • 定期便(サブスク)

ドウダンツツジや枝ものを購入するなら通販サイトや定期便(サブスク)がおすすめ。

家の近くで購入しても枝ものは丈が長く持ち帰りが大変です。

通販サイトや定期便ならきれいな状態で自宅に配送してもらえるので安心ですよ。

店舗(花屋やホームセンターなど)

駅チカ・駅ナカにある花屋やホームセンターでも枝ものを見かけることが増えました。

注意点は持ち帰り方法、140㎝以上になると大ぶりに感じました。

店頭になくても、注文をお願いすれば仕入れをしてくれる店舗もあります。一度、相談してみてくださいね。

通販サイト

枝ものを購入する方法で、一番手軽に試しやすく選択肢の幅が広いのは通販サイト。

家にいながら好きな枝ものを選べ、自宅まで届けてくれるので利用しやすいでしょう。

楽天市場などの通販サイトでは花屋さんより種類も多いので、選ぶ楽しみがあります。

メンテナンスが心配だけど、枝ものの雰囲気をためしてみたい!
そんな方は水替え不要のフェイク(造花)のドウダンツツジもおすすめですよ。

※2022年9月27日調査時点の情報
※価格は全て税込

定期便(サブスク)

枝もの定期便

枝もの定期便」は、町の花屋や小売店には並ばないような種類の季節の枝ものが定期的にお届けされるサービスです。

これまでに配送されたのはドウダンツツジや、スモークツリー、ケイオウザクラ、アセビ、紫陽花など。下処理と水揚げを行ってからお届けされるので鮮度も安心、届いたらすぐに飾って楽しめます。

\枝もの定期便購入者は花器が20%割引/
  • 枝もの定期便(100cm程度):詳細はこちら
  • 枝もの定期便 都内限定プレミアムプラン(140~160cm程度):詳細はこちら

※2022年10月26日調査時点の情報
※価格は全て税込

※2022年9月27日調査時点の情報
※価格は全て税込

枝もの・ドウダンツツジの生け方

バランスの良くおさまる花瓶の高さは、枝の長さの1/3程度、花瓶のサイズが基準だと枝の長さは花瓶の高さの2倍〜3倍が目安です。

広がった大きな枝をダイナミックに一本で生けたり小さめに切って花や枝ものを合わせて飾るのもおすすめです。

枝もの・ドウダンツツジを長持ちさせるお手入れのコツ

枝ものはきちんと水揚げすればぐっと長持ちしますよ!

ドウダンツツジなど枝が細いものは水を吸い上げる力が弱いものもがあります。

切込みを入れたり根元を削えい、水に接する面を増やすことで水の吸い上げをよくしてあげましょう。

枝もの水揚げのポイント

枝もの 水揚げのポイント
  • 枝の下の部分を斜めにカット
  • 芯の部分を十字に割を入れる
  • 枝の表面を5~10㎝ほど剥ぐ(はぐ)

切り花にする枝物は、木が水を吸い上げやすいように枝の下の部分を斜めにカットし、さらに芯の部分を十字に割を入れることで内側からの水が揚がりやすくなり長持ちさせてくれます。

さらに枝の表面を5~10㎝ほど剥ぐ(はぐ)と、水の吸いあげが良くなります。

普段のお手入れのポイント

枝もの 普段のお手入れのポイント
  • 水はこまめに替える
  • 弱った葉や茶色くなった葉があれば取り除く
  • 霧吹きなどで潤いを与える

水はこまめに替え、乾燥によって弱った葉や茶色くなった葉があれば取り除き、霧吹きなどで潤いを与えます。

ドウダンツツジとは

ドウダンツツジは季節の移ろいを告げてくれる魅力的な花木です。

春先には小さな壺型の白い華をたわわにつけ新緑となり、秋には紅葉する丈夫で育てやすいのが特徴です。

枝先に垂れ下がるようにたくさん付く白い花が星空を連想させることから、満点星(ドウダン)と表記され、花言葉は「上品」「節制」「返礼」「素直な告白」「私の思いを受け止めて」などがあります。

ドウダンツツジおすすめの購入時期

ドウダンツツジは新緑の5月から10月後半の紅葉の季節に出回ります。

5月ごろの出始めの時期は葉が柔らかく小さめで日持ちしづらいので、葉が固まる6月〜8月が購入のタイミング。

水揚げを丁寧におこなえば長いあいだ楽しめそうです。

ドウダンツツジの飾り方

おしゃれなインスタグラマーさんたちのドウダンツツジの取り入れ方を紹介します。

高さいっぱいまで広がるドウダンツツジ

大胆に飾ってもすらっとした細い枝とみずみずしいさに圧迫感を感じませんね。

枝物は長さも重さもあるので、お水をたっぷり入れても安定感のあるどっしりとしたフラワーベースがおすすめ!

たてよこに枝をバランスよく

バランスよく組み合わせると空間に広がりが出ます。
口がすぼまっているフラワーベースは枝の向きがコントロールしやすくなります。

風に流れる葉の様子が涼しげ。素敵なインテリアとも馴染んでいますね。

ドウダンツツジや季節の枝もの購入方法 まとめ

おしゃれなインテリアとして注目のドウダンツツジや季節の枝ものがどこで買えるかご紹介しました。

  • 店舗(花屋やホームセンターなど)
  • 通販サイト
  • 定期便(サブスク)

通販サイトや定期便では、店頭では見かけない種類の枝ものが選べて自宅に届くのでとても便利です。

近くの店舗で購入する場合は持ち帰り方法をどうするか注意してくださいね。

枝ものは生花とくらべると日持ちするので、ひとつの種類を長い期間楽しむことができるのも魅力的です。

四季折々の表情を楽しめる枝ものをぜひインテリアとして楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました